--カーリーズバーリー・オンラインショップ--
かごの中身を見る
Home >  マコモ >  マコモ (190g)

マコモ (190g)

マコモスプーン一杯の健康

マコモ開発の秘話

水辺の白鳥が教えてくれた

製品としての「マコモ」を開発したのは、マコモ博士として知られる、故小野寺広志氏(現:マコモ社長の祖父)です。小野寺氏の出身地である宮城県登米郡吉田村は、周辺に小さな沼が点在する地域で、渡り鳥の飛来地です。

小野寺氏は小学生の頃、実家近くの沼の水辺に、傷ついた一羽の白鳥を発見。見ると、白鳥は岸辺の草をしきりについばんでは噛みほぐし、それを傷口にあてがっていたとか。この白鳥に興味を持った小野寺少年は、それから数日間にわたって白鳥を観察。白鳥は同じしぐさを繰り返し、ついには傷を癒し空高く飛び立ったということです。白鳥の去った後を調べてみると、白鳥のついばんでいたのは辺りに自棲していた真菰。この「不思議体験」「感動体験」を機に、小野寺氏は真菰への関心を深めていったということです。

動物には、「べと場」と呼ばれる自己治療、癒しの場所があるといいます。たとえば、べと場にはミネラル豊富な岩塩があったり、薬草があったり。それらを動物たちは舐めたり、食べたりして病気を治すわけです。白鳥のケースの場合も、沼は渡り鳥たちの「べと場」だった可能性が高いといえるでしょう。となると、マコモの効能、健康法を誰よりも良く知っているのは、もしかしたら動物たちということになるのかもしれません。

昭和27年、健康飲料としての第一号商品ができる

健康食品「マコモ」として愛用されるようになったのは、昭和27年、現在の製造発売元(株)マコモの前身、大自然緑草科学研究所によってです。健康飲料として使われるのは、この植物を独自の特許製法で精製したもので、自然状態の真菰からは得られない驚異的な力を秘めています。

その力の秘密は、製品が開発された当初にはわかっていませんでした。やがて民間療法としてマコモが話題となり、東北大をはじめとする研究機関によって発見されたのが、特殊製法の過程で発生する単細胞微生物でした。

この微生物は自然界には存在せず、マコモの中ではじめて発見されたもので、驚くほど熱に強いという特徴を持っていました。生物学の常識では、このような微生物や細菌類は通常摂氏70℃~80℃の温度でほとんどのものが死滅してしまいますが、この微生物は摂氏数百度の熱にもビクともしないというのですから、大変な生命力です。このことからこの微生物は、「マコモ耐熱菌」と呼ばれるようになりました。

使用方法

お茶として

もっともオーソドックスな使用法といえば、やはりお茶としての使用法です。慣れるまでは決して飲みやすいという味ではありませんが、飲んでいるうちに慣れてくると、また飲みたくなるから不思議です。その日の体調によって味が違って感じるのは特別なことではありません。何とも不思議な飲み物がマコモ茶なのです。

飲み方はいたって簡単。ティースプーン1~2杯をお湯に溶かして飲むだけです。お茶ですから、毎日数杯お飲みください。何かにつけてお茶を飲むときはマコモ茶にするといいでしょう。知らず知らず体調の不良が気にならなくなってきます。一杯の健幸、飲めば飲むほど健康をつくるお茶がマコモ茶です。

お風呂で

マコモの不思議な力を示すものとして良く知られているのがマコモ風呂です。マコモを入浴剤に用いたお風呂は、何年たっても水が腐らないのです。ふつう、一度使用したお風呂は数日でヌメリが出てきますが、マコモを入れたお風呂では水を腐らせる原因となる有機物をマコモ耐熱菌が分解してしまいましので、いつも水はサラサラです。

使い方は、お風呂にマコモの粉末(約190g)を入れて入るだけですが、風呂釜が故障する原因になってしまいます。昔のバランス釜の時代には、マコモ風呂をしている家庭は多くありましたが、今のタイプのお風呂ではできません。ジザニアの菰茶を2パック入れマコモ風呂をお試しください。体を芯から温め、お肌はしっとりです。アトピー肌、冷え症に特にお勧めです。

マコモ湿布として

マコモの湿布もお勧めです。打ち身、捻挫、ヤケド、切り傷、筋肉痛などにとても有効で、マコモの良さを十分実感していただけます。ガーゼを10cm角に切り、マコモを水で練ります。練ったマコモに薄力粉を少々混ぜ、それをガーゼにのせます。

練ったマコモは、耳たぶ程度の硬さと厚さが目安です。水だけで練ると乾きが早いので、そのために薄力粉を混ぜます。練ったマコモは繰り返し使えます。使う際はまた水を混ぜ、耳たぶ程度の硬さにして使います。

学術記載

【菌の名称
 変異株 Bacillus subtilis
(バチルス サブチルス) ON-1

【形態的性状】
 1.グラム染色 : 陽性
 2.菌 体   : 巾0.7~0.8μ
           長さ2~3μの桿菌
 3.内生胞子  : 菌体中央部に卵円形0.6×1.5~1.8μの内生胞子を形成
 4.運 動 性     : 有(周毛を有す)
マコモ (190g) マコモ (190g) マコモ (190g)
カテゴリ: マコモ
基本価格 : 7,000円
“この商品はご注文いただけません。”と出ている方は登録フォームより
会員登録してから、ご購入下さい。


マコモ190g
マコモ190g
この商品はご注文いただけません。